FC2ブログ
post image
Read this post

フィレンツェ・ピサ観光 日本語ガイド

フィレンツェ在住の日本人ガイド伊藤と申します。個人旅行のお客様をご案内いたします。お客様の希望にそって効率的な観光を組み立てることができます。【ライセンスガイド】イタリアではガイド試験を合格し、ライセンスを所有しているガイドだけが街の説明をできると法律で定められており、フィレンツェ県とピサ県のライセンスを所有しています。【プロフィール】フィレンツェ在住28年、ガイド歴26年です。ご質問・ご予約はこ...

post image
Read this post

ブログ目次

こちらは「フィレンツェガイド日記」の目次となります。トスカーナ州フィレンツェ県◉フィレンツェドゥオーモサンジョバンニ洗礼堂ドゥオーモ付属美術館ウッフィツィ美術館 ▲ボッティチェッリ ▲ウッフィツィ美術館 外国人画家 ▲ヴァザーリの回廊ヴェッキオ宮殿シニョーリア広場ヴェッキオ橋バルジェッロ美術館ピッティ宮殿サントスピリト教会サンロレンツォ教会メディチ家礼拝堂メディチ・リッカルディ宮殿サンタク...

post image
Read this post

コロナ時代の旅行 その3

ローマで開催されているラファエロ展(ラファエロ生誕500周年)を見るために、ローマまで一泊旅行しました。コロナウィルス感染拡大後、トスカーナ州から外に出るのは初めて。どのように旅行は変わってしまったのか?駅や列車、ホテルの様子について書きましたが、今日はラファエロ展そのものについて。ラファエロ展は、ルネッサンスの画家ラファエロ・サンツィオの生誕500周年の記念企画としてScuderie del Quirinaleにて行わ...

post image
Read this post

コロナ時代の旅行 その2

ローマで開催されているラファエロ展(ラファエロ生誕500周年)を見るために、ローマまで一泊旅行しました。コロナウィルス感染拡大後、トスカーナ州から外に出るのは初めて。どのように旅行は変わってしまったのか?駅や列車の様子に続いて、今日はホテルについて書きます。宿泊したホテルはローマのテルミニ駅から徒歩3分の場所にあり、普段なら夏休みで空室がないぐらいになるホテルです。ホテルにたどり着くと入り口の扉が閉ま...

post image
Read this post

コロナ時代の旅行 その1

ローマで開催されているラファエロ展(ラファエロ生誕500周年)を見るために、ローマまで一泊旅行しました。コロナウィルス感染拡大後、トスカーナ州から外に出るのは初めてだったので、その様子を書こうと思います。まず駅や列車の様子です。フィレンツェ駅では、ローカル線と長距離高速列車へのホーム入り口が別々になっていました。長距離高速列車(アルタヴェロチタ)のホームに向かうには体温測定場所を通る形です。ホーム入...

post image
Read this post

特別展「神の足に」

ピッティ宮殿の衣装博物館で2020年9月まで開催されている特別展「神の足に Ai piedi degli Dei」は古代のサンダルや靴に関した展示になっています。古代の彫刻が並んでいます。そのうち何点かをご紹介しますね。「クレピダ靴を履いた少年像の足」(紀元1世紀ごろ)クレピダ靴は古代ギリシャび女性が履いたサンダル状の靴のことです。この作品は普段はフィレンツェの考古学博物館に展示されています。crepidae carbatinaeという名で...

post image
Read this post

猫の指輪

ピッティ宮殿でおこなわれている特別展を見学したいなと思い、中心街へ行きました。ヴェッキオ橋の上がとても広く感じられます。ヨーロッパからの観光客しかいない現状。町の中が空いていてゴミも少ないこと、道路にポスターを並べる物売りも減少していることから、とてもスッキリとした雰囲気があります。ヴェッキオ橋の宝石屋さんを覗いてみると、猫の指輪を発見🐈!!(後ろにはワンちゃんたちの指輪も)そして夏をイメージした...

post image
Read this post

狼が町にやって来る!

2020年7月13日から、フィレンツェのピッティ宮殿前の広場とサンティッシマ・アンヌンツィアータ広場に展示されている「狼の群れ」「狼が獰猛な顔つきなのは人間から身を守らなければならないからです」ナポリの市長は、この作品の攻撃的な表現をこのように擁護しました。オブジェは中国人のアーチスト Liu Ruowangの作品で、フィレンツェ市とウッフィツィ美術館の協力で実現され、11月2日まで広場を飾ることになります。鉄製の狼は...

post image
Read this post

夏到来、でもフィレンツェは…

フィレンツェ市に住んでいても、中心街に行かなければ「フィレンツェにいる」という実感はなかなか湧かないものです。そこで今朝は中心街を散策してきました。今、イタリアにいる観光客はイタリア人かヨーロッパ圏内から来ている人に限られています。そのため、町の中はがら〜んとしています。大聖堂の前も、天国の扉の前も、ほとんど人がいませんでした。現在、ヨーロッパ内の通行は自由にできるようになったものの、それ以外の国...

post image
Read this post

庭園類型「懸垂園」「空中庭園」

ウッフィツィ美術館を見学コースで、最上階の最後にテラスに出ることができます。現在はカフェテラスとなっていますが、隣に立つヴェッキオ宮殿の塔が間近に見えて景観も素晴らしい場所です。このテラス、メディチ家の時代には様々な植物の鉢が置かれ、まるで庭園のようになっていました。このような庭のことを「懸垂園」と呼びます。【懸垂園】庭園の型の一つで、邸宅の屋上やテラスに鉢植え植物や花壇を設置し、パーゴラ(イタリ...

伊藤裕紀子
Page top