FC2ブログ
post image
Read this post

フィレンツェ観光個人ガイドお問い合わせ

現地在住の日本人ガイドが個人旅行のお客様をご案内いたします。お客様の希望にそって効率的で濃密なフィレンツェ・ピサ観光を組み立てることができます。【ライセンスガイド】イタリアではガイド試験を合格し、ライセンスを所有しているガイドだけが街の説明をできると法律で定められています。わたしはフィレンツェ県とピサ県の2回のガイド試験に合格することができました。また25年以上に及ぶガイド経験を活かし、一番の見どこ...

post image
Read this post

羅針盤2

こちらは「フィレンツェガイド日記」の目次となります。トスカーナ州フィレンツェ県◉フィレンツェドゥオーモサンジョバンニ洗礼堂ドゥオーモ付属美術館ウッフィツィ美術館 ▲ボッティチェッリ ▲ウッフィツィ美術館 外国人画家 ▲ヴァザーリの回廊ヴェッキオ宮殿シニョーリア広場ヴェッキオ橋バルジェッロ美術館ピッティ宮殿サントスピリト教会サンロレンツォ教会メディチ家礼拝堂メディチ・リッカルディ宮殿サンタク...

Read this post

イタリア最大のゴシック教会 ミラノ大聖堂

ミラノの大聖堂の正式な名称はBasilica Cattedrale Metropolitana della Natività della Beata Vergine Maria」(至福の聖母マリアの生誕の首都大司教座聖堂)という長い名前です。聖母マリア様の誕生に捧げられた教会なんですね。イタリアでは最も大きい教会で、面積では世界4位、体積では世界6位の教会となります。この場所にはサンタ・マリア・マッジョーレ聖堂(9世紀)やサンタ・テクラ聖堂(4世紀)など古いいくつかの教会...

Read this post

ミラノの歴史

ミラノは、イタリアでローマについで人口が多い町です。人口(135万人)を擁し、英語ではミラン、ラテン語ではメディオラーヌムと呼ばれます。緯度では日本の稚内市にあたります。簡単にミラノの歴史をまとめました。【古代】紀元前600年 ケルト人(中央アジアの草原から馬と車輪付きの乗り物で持ってヨーロッパに渡来した民族)の町が形成されます。古代ローマは彼らをガリア人とも呼びました。紀元前222年 ローマが征服。町の...

post image
Read this post

ルッカのミシュラン星付きレストラン

ルッカに個人のお客様をご案内しました。いつも利用しているレストランが定休日だったのでハイヤーの運転手に相談したところ「そういえばミシュランの星がついているレストランがあるよ。値段もそんなに高くない」との情報をもらいました。場所はナポレオン広場の横、劇場の前にあるGiglio(ジーリョ、「百合」という意味)です。サイトはこちら→ristorante Giglioレストラン内部はゆったりとした雰囲気です。メニューを広げてみた...

post image
Read this post

アルノ川沿いのハバナ

アルノ河岸、観光バスの乗降車場所があるゼッカの下に、いつもの夏とは違うバールが設置されました。そちらに向かって降りていくと「La Habana500」という看板があります。2019年はスペイン人によってハバナ市が創設されてから500周年だそうです。ハバナとフィレンツェと、どんな繋がりがあるのかは知りませんが、この500周年を記念したバールなのかな?ソフトドリンクやアルコールなどを買ってこちらで一休みできます。値段リ...

post image
Read this post

6月は夏の盛り

5月まで例年にない涼しさだったイタリア。6月に入って急に気温が上がってきました。最高気温が30度台後半になる日も…2019年6月に撮影した写真を並べました。バールからサンタ・クローチェ教会の広場を見たら、カルチョ・ストーリコの準備が始まっていました。毎年6月に行われる伝統行事の中世サッカーです。最終戦は洗礼者ヨハネの日に開催されます。洗礼者ヨハネはフィレンツェの守護聖人。久しぶりに中心街のホテルメディチの最...

post image
Read this post

プラスチックレスの世界ヘ

イタリアでもプラスチックレスへの動きが出てきています。若者達の「未来のために環境を守って」というデモがあった後に、プラスチックレスが目立つようになってきました。このようにデモの結果が可視化されるのは、若者にとっても無力感からの脱却効果があってとてもいいことですね。イタリアではスーパーなどで買ってきたボトルの水を飲むことが多いので、水道水が飲めるようになれば大きな効果があると思います。トスカーナの学...

post image
Read this post

レオナルドの植物学

2019年6月、シニョーリア広場に設置されたインスタレーション。9月13日〜12月15日にサンタ・マリア・ノヴェッラ教会の美術館で行われる特別展の宣伝です。「La Botanica di Leonardo(レオナルドの植物学)」古代ギリシャ人とルネッサンス時代の新プラトン主義者は12面体は宇宙を表現すると考えていました。また他の多面体は四元素を表しています。6面体  土8面体  空気20面体 水4面体  火 レオナルド・ダ・ヴィンチは...

post image
Read this post

コジモ1世へのオマージュ3

フィレンツェの支配者であったメディチ家当主コジモ1世の生誕500周年を祝って、パラティーナ美術館にて展示会(2019年6月5日〜9月29日)が行われています。壁龕の間につづれ織りとともに設置された彫刻作品がこちら。「小さな樽を持った農夫」バッチョ・バンディネッリがデザインし、ジョヴァンニ・ディ・パオロ・ファンチェッリが制作しました。普段はボーボリ庭園に設置されているこの作品、修復を終えてお目見えです。 コジ...

伊藤裕紀子
Page top