メルラの日々

イタリアのトリビア
02 /03 2018
1年で一番寒い季節、大寒は1月20日~2月3日の時期です。
イタリアもこのころが一番寒いとされています。
1月29日、30日、31日の3日間を「giorni della merla メルラの日々」と呼びます。

メルロという鳥は、大型ツグミの一種で日本名は「クロウタドリ」または「黒ツグミ」
名前のとおり、黒い羽根に黄色いくちばし。美しいさえずりを聞くことができます。
観光中によくお客様から「あの鳥はなんという種類ですか?」と質問されます。
メルロ
メルロのメスがメルラです(aで終わると女性名詞)
メスはオスに比べると羽の色が薄くなっています。

どうして一番寒い時期を「メルラの日々」と呼ぶようになったのか?
いくつかの伝説、また地方によっては違う言い伝えがあるようです。

伝説では…
その昔、メルロはオスもメスも黒い羽の色をしていました。
1月末のとても寒い時期、メスと雛が寒さから逃れるために、ある家の煙突の中に避難しました。
寒さが去り、2月1日に煙突から出てきた時には煤煙によって羽が灰色になっていました。


もう一つの伝説…
その昔、1月は28日しかありませんでした。寒い中に餌を探すのに疲れたメルラは1月中は巣にこもり、2月に巣から出てきて「してやったり」と1月をあざけて歌いました。これを恨みに思った1月は2月から3日間を借り、もっとも凍てつく日々にしました。メルラはこっそりと暖炉の中に隠れ、出てきたときには羽が灰色になっていました。

ヨーロッパではメルロは春を感じさせる鳥ともされています。
メルラの日々も過ぎ、春はもうすぐそこに来ています。
スポンサーサイト

ドグマ10

イタリアのトリビア
12 /07 2017
ストロッツィ宮殿の展示会のオーディオガイドにて「この作品が書かれた時代に、まだ『無原罪の御宿り』はdogmaではなかったが、絵画のテーマにはよく扱われ…」と聞きました。ドグマ(教義)とは一体どうやって定義されるのでしょう?

ドグマは宗教の教えを体系化したもの。

※よく似た言葉にドットリーナ(dottrina 教理)があります。キリスト教において二つの違いは
ドットリーナ→信仰内容の教え
ドグマ   →教理に関して教会会議で定められた公的なもの 


そしてカトリックで定められたドグマは次の10項です。
(1)三位一体 第1ニカイア公会議 325年 
「父」と「子(キリスト)」と「聖霊(聖神)」が唯一の神であるとする。

(2)キリスト論 第1ニカイア公会議 325年 
イエス・キリストはどのような存在であるかの定義、付随して先在、受肉、公生涯、十字架、復活、昇天などのキリストに纏わる事象や行為の意味。

(3)マリアを「神の母」とする エフェソス公会議 431年
マリアの呼び名はテオトコス(神の母)がふさわしく、イエス・キリストの母マリアは神の母(聖母)ではないとする説を否定。

(4)イエス・キリストは神であり人間である エフェソス公会議 431年
神の子つまり神の言葉は本当に「受肉して受難なさった」のであり、イエス・キリストの神性と人性を区別することを否定。

(5)処女懐胎または処女受胎 第2コンスタンティノポリス公会議 553年
文字通りには処女のままの聖母マリアによるイエス・キリストの受胎。マリアの無謬性(誤りのないこと)を強調。

(6)煉獄・天国・地獄の存在 第2リヨン公会議 1274年
フィレンツェ公会議(1431年 - 1443年)とトリエント公会議(1543年 - 1563年)で教義として再確認。正教とプロテスタントでは煉獄は否定されている。

(7)聖体に宿るキリストの実際の存在 トリエント公会議 1543年 - 1563年
ミサの中心である「聖体の秘跡」と呼ばれる聖餐において、パンとワインがキリストの体と血に変化すること。

(8)無原罪の御宿り ピオ9世による回勅 1854年
聖母マリアが母アンナの胎内に宿った時、神の恵みの特別なはからいにより原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかった。

(9)教皇不可謬説 第1バチカン公会議 1870年
ローマ教皇が信仰および道徳に関する事柄について教皇座から厳かに宣言する場合、その決定は聖霊の導きに基づくものとなるため、正しく決して誤りえない。

(10)聖母の被昇天 ピオ12世の勅令 1950年
聖母マリアが肉体と霊魂を伴って天国にあげられた。

※(8)と(10)は古代以来、カトリック教会において伝統的に尊重されてきた教えですが、正式に教義としての宣言を受けていませんでした。これらが(9)の教皇不可謬権を伴って宣言されたと神学者はみなします。

フィレンツェで絵画作品のテーマでよく見られるのは「三位一体」「受胎告知」「地獄・天国」「無原罪の御宿り」「聖母被昇天」
特に「受胎告知」と」聖母被昇天」でしょうか。

参照 la santa sede

マリア様は乙女座

イタリアのトリビア
09 /11 2017
フィレンツェのドゥオーモの正式名称は「サンタ・マリア・デル・フィオーレ(花の聖母マリア)教会」です。
名前からもわかるように聖母マリア様に捧げられた教会です。

着工は1296年9月8日
毎年9月8日にはドゥオーモにはいつもは見られない青い旗が掲げられます。
青い地に白い羊が中央にいる旗はアルテ・デッラ・ラーナ(毛織物業組合)のもので、フィレンツェではこのアルテがオペラ・デル・ドゥオーモ(教会の建物管理部)を組織しました。

2017年9月8日のドゥオーモ 朝早いので、まだ青い旗が見えません。
smdf
そして着工記念日はマリア様の誕生日でもあります。
マリア様の名前をいただくドゥオーモは、彼女の誕生日に合わせて着工されたのですね。

ちなみにカトリックの典礼暦では
12月8日 無原罪の御宿り →(9ヶ月後)9月8日マリア様の誕生
3月25日 受胎告知    →(9ヶ月後)12月25日イエス様の誕生
きっちり妊娠から9ヶ月後の計算で、マリア様とイエス様の生誕祭が暦に組まれています。

※無原罪の御宿りは、アンナがマリア様を身ごもった日です。
イエスは原罪を持たずにこの世に生まれますが、イエスを宿すマリア様も原罪を持たずにアンナの胎内に宿ります。

そしてフィレンツェでは長い間(1750年まで)3月25日が1年の始まり、つまり元旦とされてきました。
マリア様への信仰がとても厚かったことがわかります。

Ferragosto アウグストゥスの休息

イタリアのトリビア
08 /12 2017
8月15日、イタリアでは「Ferragosto フェッラゴスト」という祝日にあたります。
「聖母の被昇天」の祝日でもあるフェッラゴスト、この言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

フェッラゴストの伝統は古代ローマから続くもの。
Feriae Augusti(アウグストゥスの休息)という言葉に由来しています。

古代ローマでは8月にすでに
Vinalia rustica
Nemoralia
Consualia
などの祝日が存在し、休息と祭りの時期とされていました。
特にConsualiaは、大地と豊穣の神Consoに捧げられた祭りです。
古代のフェッラゴストはこれらの祝日をつなぎ休息のシーズンを形成していたのです。またアウグストゥス帝の名前をつけることによって政治的な意味合いも持っていました。

この祭りの時期に馬やロバといった動物のレースが行われていましたが、これが今日まで「被昇天のパーリオ」として受け継がれ各地で開催されています、有名どころでは「シエナのパーリオ」というカンポ広場の競馬がありますね。

フェッラゴストは古代には8月1日に祝われていましたが、カトリック教会により「聖母被昇天」の祝日に合わせるために8月15日に移動させられました。

2017年のフェッラゴスト、フィレンツェではウッフィツィ美術館やアカデミア美術館、ボーボリ庭園が開館してくれるそうです。
良い祝日をお過ごしください(^-^)/
Buone ferie e...BUON FERRAGOSTO!!

ケッパーの和名は「風蝶木」

イタリアのトリビア
06 /22 2017
今年もケッパーの花がピサの城壁に咲いていました。
capperi
ピサの斜塔がある大聖堂広場を囲む壁は、ピサ共和国を守るために建設されたものです。
市壁に作られたアーチが広場への入り口になっていて、観光グループの集合場所として使われています。

6月始めにこの城壁を見上げたら、蔦型の植物にお花がいっぱい咲いています。
地中海地方起源の植物ケッパーは地中海沿岸、イラン、アフガニスタンなどで、3月から8月まで開花するそうです。

和名は「棘風蝶木」あるいは「西洋風蝶木」
花の咲いた様子が、風に舞う蝶のイメージなのでしょうか?

つぼみを開花よりもかなり早く収穫して、酢漬けや塩漬けにし、魚や肉、パスタ料理に使います。
果実は多くは取れないのでつぼみより貴重なものですが、やはり酢漬け、塩漬けにして魚料理に使用。

イタリアでは時にシチリア島で収穫されます。

ケルセチン(フラボノイドの一種)を含有していて、抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用、強い血管弛緩作用があるとか。
痛風にも効果があることが知られています。

ピサの城壁のケッパーはちょっと高いところに生えているので、収穫は難しそうです(´・_・`)

参照 Capparis spinosa

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住25年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。