ウッフィツィ特別展2017 日本のルネッサンス

シニョーリア広場地区
11 /04 2017
フィレンツェのウッフィツィ美術館にて特別展「日本のルネッサンス IL RINASCIMENTO GIAPPONESE」が開催されています(2017年10月3日〜2018年1月7日)

室町時代と江戸初期の日本の屏風絵や襖絵を、期間中に13枚ずつ3回に分けて(全部で39枚)展示するということです。
日伊修好通商条約150周年を祝してのイベントとなります。
禅の精神や中国文化との繋がりをうかがえる作品とイタリアでは紹介されていますね。


特別展の入り口はウッフィツィ美術館の地上階、ミュージアムショップの間にあります。
チケットはウッフィツィ美術館の入場料に含まれていますので、プラスで払う必要はありません。

ちなみにウッフィツィ美術館に展示されているゴシック時代の宗教画の背景にも金箔が貼られています。
日本の金屏風を連想しますね、とお客様に説明することがありましたが、今回は図らずも両方を同美術館で鑑賞できる機会となりました。

はたして金箔は、宗教的な荘厳さか、奥行きのある空間か、所有者の権力の誇示か。
西洋と東洋の「絵画における金箔」を見比べてみるのもまた一興です。
スポンサーサイト

シニョーリア広場のUrs Fischer

シニョーリア広場地区
09 /29 2017
シニョーリア広場に置かれた大きなオブジェ、スイス人芸術家Urs Fischerの作品です(2017年9月22日〜2018年1月21日)
fisher
2011年のヴェネツィアのビエンナーレにて大きな評価を受けたアーティストで、その時の作品はシニョーリア広場にあるジャンボローニャの「サビニ女の略奪(原寸大)」を蝋で作り、展示期間中に作品がだんだんと溶けていくものだったそうです。

参照→ Urs Fischerの作品 - ベネチアアートビエンナーレ 2011にて

今回、シニョーリア広場に設置された彼の作品は「Big Clay」という題名で、12mの高さを持つ巨大な作品です。
原始的な幼稚な、トーテムのような建築のような作品…
よく見ると表面にはアーティストの指紋が見られ、実際に粘土で作った作品を巨大化して金属で再現したものだそうです。「手を使った創造的な行動はシンプルで日常的なものである」ことを表現しています。

ヴェッキオ宮殿の前にはもう2点の作品が設置されましたが、そちらは実在する人物、美術評論家のFrancesco Bonamiとロックバンドのザ・ストロークスのドラムFabrizio Morettiの像を蝋で表現しています。こちらは1ヶ月をかけて段々と溶かしていく予定だとか。

参照→Urs Fisher conquista Piazza della Signoria

オルサンミケーレ教会の年表

シニョーリア広場地区
09 /04 2017
フィレンツェのオルサンミケーレ教会は大天使ミカエルの名前を戴く14世紀の教会です。

8世紀中頃  広い菜園を持った女性用の修道院が存在していました。その菜園の中にあった祈祷所が教会に建て替えられます。大天使ミカエルに捧げられたこの教会は「San Michele in Orto(菜園の聖ミカエル)」と呼ばれ、ここからオルサンミケーレ教会の名前が由来します。

1240年 教会は穀物用の市場(ロッジャ)を設置するために取り壊されます。

1290年 最初のロッジャ(開廊)がおそらくアルノルフォ・ディ・カンビオによって建設されます。ロッジャの柱の一つにフレスコ画「Madonna del Popolo(大衆の聖母)」が描かれ、奇跡を起こすと人々の信仰を集めます。

1304年 火事によりロッジャは大きな被害を受けます。

1337〜50年 シモーネ・タレンティ、ネーリ・ディ・フィオラヴァンテ、ベンチ・ディ・チオーネによるロッジャの修復工事。

1343年 聖アンナの祝日に、アテネ公グアルティエリがフィレンツェから追放され、聖アンナを奉献する祭壇を設けます。

1347年 ベルナルド・ダッディ作「Madonna delle Grazie 恩寵の聖母」火事で失われた「大衆の聖母」の代わりです。
om2
1349〜59年 オルカーニャが「恩寵の聖母」を設置するための大理石の礼拝壇を制作。
om1
1360年〜 ペストのために何回の中断を経ながら、ロッジャが改築され教会へ移り変わり、開廊のアーチが閉ざされます。14世紀を通じて、内部はフレスコ画装飾がなされました。
om3
1404年 同業者組合の守護聖人像を教会の壁龕に設置することを政府が許可します(組合からのリクエストは1339年から)こうして14の壁龕に彫刻が並べられていきます。
om4
1526年 フランチェスコ・ダ・サンガッロ作「聖アンナと聖母子」像、シニョーリアから注文された、アテネ公追放を感謝する印として描かれた絵画の代わりでした。
om5

1569年 穀物倉庫として使われていた上階をコジモ1世が公証人の記録保管所にします。また毛織物業組合の建物の上階と繋ぐ空中廊下も建設されます。

18〜19世紀 壁龕の彫刻はブロンズと大理石製がありましたが、全ての作品がブロンズに見えるように、大理石像が表面が黒く塗られました。

1941年 戦争の被害を避けるため、壁龕を砂袋を埋めて作品を保護します。

1996年 上階がオルサンミケーレ美術館として開館、修復が終わった彫刻は壁龕に戻されることなく美術館に展示されます。現在、壁龕にある作品は全てレプリカです。

2005年 最後の修復「聖マタイ」が終了。

ヴァザーリの回廊を渡る(ヴェッキオ宮殿→ウッフィツィ美術館)

シニョーリア広場地区
07 /21 2017
フィレンツェのメディチ家が作らせた「ヴァザーリの回廊」
16世紀にフィレンツェ共和国の政庁舎であるヴェッキオ宮殿に住み始めたメディチは、アルノ川南岸のピッティ宮殿も購入。その間を安全に行き来できないかと考えて建設させたのがヴァザーリの回廊でした。

今まで「ヴァザーリの回廊」を予約すると見学することができたのが、下記の紫字の部分
ヴェッキオ宮殿→ウッフィツィ美術館→ヴェッキオ橋→ピッティ宮殿

そして新しく別に予約できるようになったのが、ピンク字の部分です。
ヴェッキオ宮殿→ウッフィツィ美術館→ヴェッキオ橋→ピッティ宮殿

ヴェッキオ宮殿とウッフィツィ美術館の入場料+予約料がかかります。
チケットがこちら。2つの美術館の名前が入っていますね。
2017lu10
※写真はガイド用チケットなので、予約料の4ユーロしか払っていません。

外から見るとこの部分
2017lu3

ヴェッキオ宮殿の内部から見るとこの部分
2017lu9
ヴェッキオ宮殿から入り、まず宮殿内を見学。予約時間になったら緑の間で扉が開くのを待ちます。

係員が扉を開いてくれます。
2017lu8

短い距離なので、もうウッフィツィの入り口が見えます。
2017lu7
ウッフィツィに入るには金属探知機を通らないといけないので、向こう側に設置されていました。

シニョーリア広場のランツィのロッジャが真横に見えます。
2017lu6

彫刻コレクションが置かれていて、絵画はありません。
2017lu5

ちょっと後方に今までいたヴェッキオ宮殿の様子が見えます。
2017lu4
係員の説明もなくて、歩くだけのあっけないコースでしたが、ウッフィツィの3階にまっすぐ入れました。
両方の美術館に入場したい人にはいいかもしれませんね。

洗礼者の首を受け取るヘロデア ベルナルディーノ・ルイーニ

シニョーリア広場地区
07 /06 2017
ウッフィツィ美術館、トリブーナの後に続く部屋には15世紀〜16世紀初期の北イタリアの画家の作品が並んでいます。
あまりグループ観光では通らない部屋ですが、ここに置かれている作品をチラッと紹介していくシリーズです。

「第23室 15世紀ロンバルディア地方 QUATTROCENTO LOMBARDO」
『洗礼者の首を受け取るヘロデア』ベルナルディーノ・ルイーニ
1527年ごろ 板絵テンペラ
eroide
この作品はウィーンの美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)との作品の交換によってフィレンツェに来ましたが、当時はレオナルドの作品と考えられていました。
現在はロンバルディア地方のベルナルディーノ・デ・スカピス(ベルナルディーノ・ルイーニ)の作品とされています。
ルイーニとその工房の作品として、少なくとも6枚の同じテーマを扱ったバリエーションが存在します。
その中でもウッフィツィに展示されているものは、柔らかい明暗を使った、最もレオナルドの作風に近い作品です。
タイトルには「ヘロデア」の名前が付いていますが、首を受け取る若い女性はヘロデアなのか、その娘のサロメなのか判明していません。
この女性の顔はパルマの美術館にあるレオナルドの作品と酷似しています。
scapigliatura
ルイーニはレオナルドと直接仕事したと言われ、彼の作品の多くがレオナルドの作品とみられてきたほどに、多くの影響を受けています。
また彼が描くうっすらと開いた目をした優雅な女性像はルイーニの名から『ルイネスク』と呼ばれています。
マッジョーレ湖付近のルーノで生まれたルイーニは、ミラノやトレヴィーゾ、モンツァ、パヴィアなどで仕事をしました。

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。