ガリレオ・キーニ

アルノ河南地区
04 /12 2017
フィレンツェの支配者であったメディチ家が住んでいたピッティ宮殿。
その中には多くの美術館が併設されています。ラッファエッロやルーベンスの絵があるパラティーナ美術館からさらに階段を登った3階にある「「La Galleria d'arte moderna 近代美術ギャラリー」の作品と部屋を紹介するシリーズ、最後の部屋を飾るのがガレリオ・キーニの作品です。

キーニはフィレンツェ生まれの画家、インテリア・デザイナー、グラフィックアーティスト、陶芸家でした。リベルティ様式(イタリアのアール・ヌーボー)の重要人物でもあります。

サンタ・クローチェ教会の美術学校にてインテリア・デザインを学び、叔父が経営していた修復の企業でインテリア・デザイナーとして働いた後に、アメデーオ・ブオンテンポやアウグスト・ブルキの工房で絵画を学びます。
1896年にフィレンツェにてセラミックアートの製造場を創設しました。高級ホテルの内装や外装を陶器パネルで装飾する仕事を数多くこなしています。

またエジプトを旅行した経験から、友人であったプッチーニの戯曲「トゥーランドット」の舞台装置を製作します(プッチーニはトゥーランドットを未完のまま残して亡くなったため、キーニの舞台装置を見ることはありませんでした)
プッチーニの作品を中心に彼は約30年間、舞台装置の製作の仕事に携わっています。

「バンコクの年末」キーニ作
artemoderna63

artemoderna62

長らくご紹介してきました近代美術館、説明文は各部屋のパネルを訳したものが中心です。
まだまだ説明できなかった作品も数多くありますので、機会があったら扱っていきたいと思います。
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。