パルミラのアーチ

イベントレポート
04 /13 2017
シニョーリア広場にパルミラのアーチ Arco di Palmira が設置されました。
フィレンツェで行われるカルチャーG7というイベントの一環です。
parmila
2015年、シリアのパルミラ考古学地区を占領したISISは、考古学地区の責任者を殺害した上、大変価値のある文化歴遺産を破壊していきました。
パルミラのアーチは紀元2世紀の頃に建設された凱旋門で、ローマ帝国のセプティミウス・セウェルス皇帝に捧げられたものでした。

ユネスコの世界遺産にも指定されていたパルミラは「再生」「再建」のシンボルとなります。

シニョーリア広場のアーチはオリジナルの完璧な複製です。
世界の文化遺産を守るためのプロジェクト「The Million Image Database」から、新テクノロジーによって実現しました。

設置したのはTorartというカッラーラ(ピサの北、大理石が採れる土地)の、彫刻を扱う企業です。
Torartが使用する大理石や硬質のマテリアルを扱う新しいテクノロジーは、修復の世界にも利用することが可能だとされています。作品の詳細まで復元することができます。

シニョーリア広場にアーチを見ることができるのは2017年3月27日〜4月27日の期間です。

参照 musefirenze
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。