春へ向かう季節

写真館
04 /15 2017
今回の日記は2017年3月に撮影した写真を紹介します。

「Marzo è pazzo (3月は気狂い)」という言葉があるようにイタリアの3月の天気は変わりやすいもの。
ところが2017年の3月は総じて暖かい陽気が続きました。
フィレンツェのサン・ジョヴァンニ洗礼堂も春の陽光で眩しく輝いています。
battistero

3月8日は国際女性デイ、イタリアではフェスタ・デッラ・ドンナ(女性の祭り)
この日の象徴であるミモザの花がレストランのテーブルの上にも飾られています。
mimosa
花粉症の人にはイタリア観光も厳しい季節です。
「え、イタリアにも花粉症があるのですか?」と聞かれるお客様が非常に多いのですが、トスカーナには多くの糸杉の木がありますので…

こちらはアルノ川沿い。朝の8時代でこの日差しの強さです。
riva

しばしばこの日記でご紹介するレプブリカ広場のサヴォイホテルのお花屋さん。
fiore
前を通りかかると必ず覗いてしまいます。花と花瓶の組み合わせがいつも素敵です。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のファサードに柔らかい光が。日没直前。
santamarianovella

毎年、イースター祭の日付は変わります。今年は4月16日と、ちょっと遅め。
待ちきれないように、1ヶ月以上前からイースター祭用の卵型チョコレートが陳列されていました。
伝統あるバールでは陳列方法も堂々とした感じです。
uovo
まるで祭壇に卵が飾られているような感じですね。
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。