光る「聖なる十字架」教会

写真館
04 /16 2017
3月の朝、サンタ・クローチェ教会の前を通りかかったら、ちょうど教会の背後から朝日が昇ってくる時間帯でした。
サンタ・クローチェは13世紀着工のフランチェスコ修道会の教会です。
そのファサード(正面部分)は19世紀に完成されたもの。
古い教会に、近代の正面がついているのです。
santacroce4
教会は奥の部分が東を向くよう建設されることが多いので、朝日は背後から昇ってきます。

サンタ・クローチェ(聖なる十字架)に捧げられた教会ですから、ファサードの上部中央には十字架が設置されています。
十字架のちょうど向こうに太陽が差しかかっています。
santacroce3

教会の前は大きな広場になっています。
ちょっと移動して、見る角度を変えてみると、こんな感じ。
santacroce2
ファサードを撮影するのには逆光すぎるのですが、かえってコントラストが強烈な印象を与えます。
santacroce1
十字架の裏側から強烈なスポットライトが当たっているようですね。
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。