マロッキーノ

イタリアで食道楽
04 /17 2017
イタリアのバールでは様々なカフェを飲むことができますが、今日は「マロッキーノ」を紹介したいと思います。
Il marocchino、直訳すると「モロッコの、モロッコ人」という意味になるカフェとは…
marocchino
マロッキーノは地方によっては「ヴェトリーノ」「エスプレッシーノ」と呼ばれることもあります。

元々は18世紀からトリノで飲まれていたbicerinがオリジナルです。ただしbicerinは大きめのガラスのグラスで飲むもの、これをローマのバールで小型化したのがマロッキーノです。現在はイタリア中のバールで飲むことができます。

バールによってバリエーションがありますが、オリジナルのマロッキーノは
「エスプレッソコーヒー+粉末ダークチョコレート+泡だてたミルク」
小型のガラスのカップに入れるのが基本です。

(上の写真はマロッキーノにさらにパンナをのせてもらいました)

1930年代に髪を留めるために使っていた革製のバンドの名前が「il Marocco」で、その革の色にカフェの色が似ていることから「小さなMarocco」でIl marocchinoになったんだそうです。

マロッキーノの作り方はこちらilly marocchino caldo
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。