ヴォルテッラのサン・ジョヴァンニ洗礼堂

ピサ県
05 /13 2017
ヴォルテッラのドゥオーモの正面に建つのがサン・ジョヴァンニ洗礼堂です。
ヴォルテッラ洗礼堂1
建築は13世紀に遡ります。
八角形の平面図を持ち、ドゥオーモ側の外壁は、白と緑の2色の石によってストライプ模様の大理石装飾が施されています。
ロマネスク様式の扉口はニコラ・ピサーノの工房作品とされています。

内部には6方向に壁龕があります。
ヴォルテッラ洗礼堂2
天井はクーポラで覆われていて、ブルネレスキのデザインによると言われる、15世紀のものです。
入り口と反対側の面には祭壇(17世紀)があり、祭壇周りのアーチはミーノ・ダ・フィエーゾレの工房デザインです。ドゥオーモ内部に続き、洗礼堂にもこの芸術家に関連の作品があるのですね。
祭壇画は「昇天」ニッコロ・チェルチニャーニ(近郊のポマランチェの画家)の16世紀の作品です。この作品の上部は第二次世界大戦の折に被害を受けました。

洗礼盤は二つ置かれています。
◉祭壇右の洗礼盤 アンドレア・サンソヴィーノ(16世紀)
◉中央の洗礼盤 ジョヴァンニ・ヴァッカ作(18世紀)中央には洗礼者ヨハネ像 Giovanni Antonio Cybei作(18世紀)

そして入口のすぐ右には角柱の上に丸い石の壺のようなものが置かれているのですが、これはエトルリア時代のチッポ(境界標識)を利用した聖水盤です。
古代エトルリアの時代に重要な都市であったヴォルテッラには、エトルリアの古墳なども残っていますが、このチッポのリサイクル利用はとても面白いですね。
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。