イタリアで家が高価なのはどの町?

イタリアのトリビア
05 /14 2017
「イタリアの都市で20万ユーロ(2,400万円)あったら、どんな家が買える?」という記事を見ました。
購入するなら、どの都市の家が高い?安い?という比較です。
一番高いのはローマ、一番安いのはシチリア島のパレルモということです。
同じ値段で都市によってはワンルームしか買えなかったり、一軒家が買えたりとかなり違いがあるようです。
記事を出したのは不動産の賃貸契約や売買をするTecnocasaという企業。

それでは20万ユーロで買える不動産、高い順番に並べてみましょう。

ローマ 37㎡ 中心街だと、もっと小さい面積の家しか買えません。

ミラノ 74㎡ ここでも中心街だと34㎡

フィレンツェ 78㎡ 中心街だと60㎡

ナポリ 96㎡

ボローニャ 112㎡

バーリ 130㎡

トリノとヴェローナ 146㎡

ジェノヴァ 157㎡

パレルモ 170㎡ 1㎡を平均価格1169ユーロ(14万4千円ぐらい)で購入可能

観光都市なら不動産を買って、旅行客に貸すという投資も可能ですね。実際にフィレンツェでもアパートを観光客に貸している人がいます。

参照 enti e tribunali
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。