ゴルジャ・トスカーナ

イタリア語の愉しみ
05 /15 2017
gorgia toscanaは音声上の現象で、トスカーナ地方の方言に見られる発音です。
ゴルジャとはもともと「のど」の意味です。「トスカーナの喉」とは…

本来は[k][t][p][g]であるべき音が母音に挟まれるときに、それぞれ [h][θ] [ɸ] [ɣ]で発音される現象を表します。

[k] → [h] 英語でのhaveのh、日本語での「ハ」「ヘ」「ホ」声門から出される無声の摩擦音
[t] → [θ] 英語のth 舌端と歯で隙間を作り、そこに空気を通して生じる摩擦の音
[p] → [ɸ] 日本語の「フ」両唇で調音される摩擦音
[g] → [ɣ] 日本語では母音の後ろのガ行の子音、後舌と軟口蓋で調音される有声の摩擦音

例えばidentificare(本人であることを確認する、鑑定する)という動詞は「identifiˈkare イデンティフィカーレ」と発音するのが普通ですが、トスカーナ方言では「iˌdentifiˈhaːre イデンティフィハーレ」と発音するのです。

よく「cocacola con colto colto cannuccia コカコーラ・コン・コルト・コルト・カンヌッチャ(短い短いストロー付きのコカコーラ」をフィレンツェ人は「ホハホーラ・ホルト・ホルト・ハンヌッチャ」と発音すると茶化したりします。

この発音のくせは特にフィレンツェとシエナで見られるということです。
(トスカーナといっても広いので、トスカーナの中だけでもフィレンツェ、ピサ、リヴォルノ、アレッツォなどですでに方言の違いが見られます)

またゴルジャ・トスカーナは古代民族エトルリアの言語に由来するものと長い間考えられてきましたが、どうやら16世紀以降に見られることから、現在はエトルリア由来の説は否定されています。

イタリア全土の方言巡り動画
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。