ヴァチカン美術館の年間入場者数はどのくらい?

イタリアのトリビア
06 /02 2017
2016年のウッフィツィ美術館の年間入場者数が200万人超えで、イタリアで一番多くの人が訪れる美術館だ、という新聞la Repubblicaの記事を、以前の日記で紹介しました。

あれ?ヴァチカン美術館の方が多そうだけど?
と疑問が浮かんだのですが、あちらはヴァチカン市国にあるので、イタリア国立美術館ではないのですね。
それではヴァチカン美術館の年間入場者数はどのぐらいなのでしょう?

まずヴァチカン美術館はイタリア語ではmusei vaticaniと複数形で呼ばれます。
つまり美術館群という方が正しいのですね。

ピオ・クレメンティーノ美術館
グレゴリアーノ・エジプト美術館
グレゴリアーノ・エトルリア美術館
キアラモンティ美術館
ブラッチョ・ヌオーヴォ
バチカン図書館
地図のギャラリー
バチカン絵画館(ピナコテーカ)
グレゴリアーノ世俗美術館
ピオ・キリスト教美術館
布教・民族学美術館
馬車博物館

以上12美術館に、さらにシスティーナ礼拝堂やボルジアの間などのモニュメントを合わせた総称がヴァチカン美術館なのです。

年間入場者数は600万人!
参照 R.it

面積4万㎡を考えれば、納得です。

そしてウッフィツィ美術館が年間入場者数1位のイタリアの美術館という記事に関してですが、訂正したいと思います。
Ministero dei beni e delle attività culturali e del turismo(国家財産と文化活動と観光省庁)の発表によると、正しい順位は

1位 コロッセオとフォロ・ロマーノ 640万人
2位 ポンペイ遺跡 328万人
3位 ウッフィツィ美術館 201万人
4位 フィレンツェのアカデミア美術館 146万人

ということでした。コロッセオって、そんなに人気なんだ!とちょっと驚きました。
コロッセオもポンペイも遺跡ですから、絵画などを鑑賞する美術館としては、ウッフィツィが1位ということですね(ちょっと負け惜しみ?)
参照 beniculturali.it
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。