スイカ売り禁止

フィレンツェ市
07 /15 2017
フィレンツェの支配者として君臨したメディチ家。
そのライバルであったストロッツィ家が、メディチ邸スタイルを真似ながら建てさせたのがストロッツィ宮殿です。
昨日の日記で、この宮殿の歴史について書きました→「メディチより大きな宮殿を!

宮殿の横の広場はルネッサンスの時代から食品の商いに使われてきたとか。
ストロッツィ宮殿3
このような経済活動は広場に毎日、大量のゴミを発生させ、もちろんストロッツィ家にとっては不満の種でした。
中世の町は城壁で囲まれていましたから、広場は貴重な空間。
シニョーリア広場はフィレンツェ共和国の政治の中心、教会前の広場は宗教的・世俗的イベント会場、それ以外の広場は市場として使われていたんですね。

1762年、ストロッツィ家の希望によりOtto di Balia委員会は、広場の壁にプレートを貼りました。
ストロッツィ宮殿4
「スイカ、フルーツ、古い鉄の広場での販売を禁ず。反するものは罰せられる」

Otto di Guardiaまたの名をOtto di Baliaは、フィレンツェの古い司法府です。
フィレンツェ共和国の、のちにはトスカーナ大公国の警察ですね。14世紀に8人の人物が司法府を任されたのが始まりなのでotto(8人)という数字がついているのです。

標札を見ると、罰金は5リラと書かれています。
当時の5リラ、どのぐらいの価値なんでしょうね?
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。