ヴァザーリの回廊を渡る(ヴェッキオ宮殿→ウッフィツィ美術館)

シニョーリア広場地区
07 /21 2017
フィレンツェのメディチ家が作らせた「ヴァザーリの回廊」
16世紀にフィレンツェ共和国の政庁舎であるヴェッキオ宮殿に住み始めたメディチは、アルノ川南岸のピッティ宮殿も購入。その間を安全に行き来できないかと考えて建設させたのがヴァザーリの回廊でした。

今まで「ヴァザーリの回廊」を予約すると見学することができたのが、下記の紫字の部分
ヴェッキオ宮殿→ウッフィツィ美術館→ヴェッキオ橋→ピッティ宮殿

そして新しく別に予約できるようになったのが、ピンク字の部分です。
ヴェッキオ宮殿→ウッフィツィ美術館→ヴェッキオ橋→ピッティ宮殿

ヴェッキオ宮殿とウッフィツィ美術館の入場料+予約料がかかります。
チケットがこちら。2つの美術館の名前が入っていますね。
2017lu10
※写真はガイド用チケットなので、予約料の4ユーロしか払っていません。

外から見るとこの部分
2017lu3

ヴェッキオ宮殿の内部から見るとこの部分
2017lu9
ヴェッキオ宮殿から入り、まず宮殿内を見学。予約時間になったら緑の間で扉が開くのを待ちます。

係員が扉を開いてくれます。
2017lu8

短い距離なので、もうウッフィツィの入り口が見えます。
2017lu7
ウッフィツィに入るには金属探知機を通らないといけないので、向こう側に設置されていました。

シニョーリア広場のランツィのロッジャが真横に見えます。
2017lu6

彫刻コレクションが置かれていて、絵画はありません。
2017lu5

ちょっと後方に今までいたヴェッキオ宮殿の様子が見えます。
2017lu4
係員の説明もなくて、歩くだけのあっけないコースでしたが、ウッフィツィの3階にまっすぐ入れました。
両方の美術館に入場したい人にはいいかもしれませんね。
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。