マリア様の王冠 サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

ヴェネツィア
08 /02 2017
ヴェネツィアのサンマルコ広場の対岸にあって非常に目立つ教会があります。
サルーテ教会
Santa Maria della Salute(サンタ・マリア・デッラ・サルーテ)教会
「サルーテ」という言葉には「健康、救い、安全、無事」といった意味があります。
プンタ・デッラ・ドガーナ地区のヴェネツィアバロック建築の代表的な教会です。

この教会は1630〜31年に流行したペストからの解放を祝して、マリア様へのex voto(奉納物)として建設されました。
この流行病ははマントヴァ公国の大使によってヴェネツィアにもたらされたものだったとか。すでにペストが流行っていたマントヴァから助けを求めてやってきた大使は離島に隔離されましたが、その処置にもかかわらずヴェネツィアでもペストが大流行してしまいました。
このペストで8万人ものヴェネツィア人が亡くなり、それは人口の4分の1を超えるほどだったとか。
(ヴェネツィア共和国Serenissimaの領土では全部で60万人も死んでいます)
ペストが治ることをマリア様に祈願する大行進が行われれ、それから状況が収まりはじめたので、感謝の印に大きな聖堂の建設が決まったのです。

建築はバルダッサーレ・ロンゲーナに委任され、マリア様に捧げる「王冠」の形(八角形)を平面図に持ちます。
教会の聖別は1687年に行われました。

毎年11月21日にヴェネツィアでは「マドンナ・デッラ・サルーテの祭り」行われます。
この日、人々はサン・マルコから橋を渡りサルーテ教会に詣るのです。運河を渡るために、何世紀もの間、船を繋げていましたが、現在では人口の浮島の上に仮設の橋が設けられます。
この日、サルーテ教会は1日中開いていて、途切れることなくミサが行われるのです。

ヴェネツィアの守護聖人サン・マルコの祝日は4月25日なのですが、この日はイタリア解放記念日に当たります。このように祝日が重なる場合、イタリアでは他の日に町の守護聖人の祝日を設けることができます。そこでヴェネツィア市は11月21日を選びました。
11月21日はヴェネツィア市民にとって重要な日なのですね。

参照 Venezia, Guida d'Italia del Touring Club Italiano, 3ª edizione, ISBN 978-88-365-4347-2
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。