アレッツォの歴史

アレッツォ県
08 /04 2017
トスカーナ州のアレッツォ(アレッツォ市人口1万人弱)の町の歴史についてまとめました。
ペトラルカやジョルジョ・ヴァザーリの生地でもあります。
アレッツォ

起源
アレッツォの町の起源はよくわかっていませんが、紀元前1000年ごろにはウンブリア人が住んでおり、すでにこの時代からアレッツォの名前で呼ばれていました。

エトルリア時代
放牧の季節によって過疎地帯になっていたアレッツォが「町」の体裁を整えたのがエトルリア時代です。
紀元前5世紀 エトルリア人によって最初の市壁が築かれました。エトルリア人の主要都市ルクモニアの一つとなります。
紀元前4世紀 市壁が作り直され、町はそれまでの倍の面積を持つようになります。また勢力を伸ばしてきたローマとの間に戦いが起こります。鉱物資源に富んでいたアレッツォは金属の加工品やブッケロ陶器にによって豊かになります。
紀元前4〜3世紀 もっとも広い支配地域を所有しますが、同時に衰退が始まります。

古代ローマ時代
紀元前396年 古代ローマがヴェイオを征服、続いてチェーレやタルクイニアを征服し、エトルリア都市が全体的に衰退します。支配された都市にはローマ市民権が与えられ、ローマ化していきます。
紀元前4世紀 アレッツォ、ペルージャ、キウージの都市連合はローマと戦いましたが成果は得られず。
紀元前3世紀 イタリア半島中で大きな都市であり続けますが、ローマの支配やガリア人の侵略を受けます。この時代はエトルリア人のローマ化が完成する時期にあたります。
紀元前205年 カルタゴ軍とローマ軍の戦いであるポエニ戦争にて、アレッツォ近郊のトラズィメーノ湖では両軍の大きな衝突がありました。この戦争でローマ側に大量の穀物、武具といった軍需物資を供給するなど、ローマでも重要な地位を占めていたことがわかります。

キリスト教文明
3世紀 アレッツォの地域ではキリスト教化が進みます。
250年 アレッツォに同地域の司教座が置かれます。

ランゴバルド時代
575年 ランゴバルド族がトスカーナ地方に侵入、アレッツォの人民はもっと安全なサン・ドナートの丘に避難し、そこに7世紀まで留まります。
774年 ランゴバルド族に代わり、フランク族(カール大帝)によって治められます。

司教から伯爵へ
フランク族の支配下に置かれたアレッツォでは司教の影響力が増していきます。
11世紀 司教が町の最強権力を握り、vescovo-conte(司教伯爵)という地位が生まれます。

自治都市(コムーネ)
司教の力が衰え、アレッツォの支配体制が変わります。最高権力は全市民による総体会議が握ります。町に代々住んできた市民が参加する国会のようなものです。また他のコムーネと同じようにグエルフィ派とギベッリーニ派に分裂します。
1215年 大学が創設されます。

1289年 カンパルディーノの戦い。ギベッリーニ(アレッツォ)対グエルフィ(フィレンツェとシエナ)
グエルフィ派が勝利するものの、アレッツォの町からギベッリーニを追放することはできず、かえってフィレンツェ軍への憎悪から町ではグエルフィ派が優勢を保ちます。

フィレンツェ支配
1337年 ペルージャとの戦いに苦戦したアレッツォの有力家族はフィレンツェにお金を払い、一時期の平和を得ます。
1384年 フィレンツェ軍はナポリ王位の争いに乗じて、アレッツォを支配。

メディチ時代
14世紀からメディチ支配時代が始まるまでアレッツォの人口は増える傾向にあったのが、メディチ時代には人口は減少に向かいます。他の都市ピサ、ピストイア、フィレンツェでは同時期に人口は増えていきました。
メディチ家の当主コジモ1世はアレッツォの町並みを大幅に作り変え、サンガッロ要塞を建設します。
コジモの息子のフェルディナンド1世が唯一、この地方の開拓にお金を使ったメディチ家のトスカーナ大公でした。

ロレーヌ時代
メディチ家最後の大公ジャンガストーネの統治はアレッツォに混乱をもたらしただけでした。
それに比べれば跡を継いだロレーヌ家の支配は明確に優れていて、特にピエトロ・レオポルドは交通網の整備などを行いました。その息子のフェルディナンド3世も父親の政策を継続していきます。

1799年 ナポレオンの軍隊がアレッツォに到着。町の抵抗も虚しくその支配下に入ります。
1800年 一時期フランス軍を追い払いましたが、再びナポレオン軍によって略奪が行われます。
1814年 ウィーン会議によりトスカーナ大公にはロレーヌ家が復帰。道路や橋の整備が行われアレッツォの町は復興しました。
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。