ワイン樽の歴史

ちょっとかじる歴史の話
08 /11 2017
お客様からいただいたこの質問
「昔はワインも壺に入れて保存していたんですよね?樽を使うようになったのはいつからでしょう?」
調べてみました( ̄^ ̄)ゞ

古代に、ワインは石やテッラコッタでできた桶で作り、アンフォラに入れて運んでいました。
アンフォラは紀元前15世紀ごろレバノン〜シリアあたりから広まり、7世紀まで地中海地方で使用されていました。
アンフォラは尖った底をもち、柔らかい地面に縦に突き立てて安定させていました。また船で輸送するときには、船倉に砂を引きそこに横たえていました。しかし陸の運搬にはあまり向いていなかったそうです。

木の樽はケルト人の発明です。最初は運搬用で、サイズも比較的小さいものでした。
鉄の「たが」のおかげで次第に大きなサイズの樽が作られるようになり、ワインの製造と保管に使われます。

キャンティクラッシコ用の樽
キャンティ樽
3世紀、ガリア人(ケルト人の中でガリア地域に居住)と古代ローマが接触し、ローマ人も木の樽を使うようになります。

ヨーロッパにて木の樽で生産したワインが優れているとされるようになったのは19世紀からです。
それまではワインの質に大きな影響を与えるとは考えられていなかったので、樹木の種類もまちまちでした。
ガラスの容器に入れて保存したワインと違うぞとわかり、また樽の大きさもワインの質に関係することが意識されるようになります。

現在はbarrique(225〜228リットル)が世界でもっとも普及している樽で、一方、大きなサイズの樽(もっとも普及しているのは20〜50ヘクトリットル)はイタリアの伝統として残っています。
barriqueが並んでいる様子
バッリク
樽用に使われる木材はフランスの森の樫が有名ですが、イタリアの大きな樽にはスロヴェニアの樫が普及しています。

参照 la storia delle botti in legno per il vino
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。