昇天と被昇天 l'ascensione e l'assunzione

芸術を読み解く
08 /13 2017
8月15日はカトリックの大きな祝祭日「聖母の被昇天祭」です。

天に昇られた出来事を、イエスの場合は「昇天 ascenzione」マリア様では「被昇天 assunzione」と呼ぶのはなぜなのでしょうか?

その違いは…
イエスは自分自身の力で天に昇り
マリア様は聖霊の力で天に昇らせられた

マリア様はイエスと違って普通の人間だったので、聖霊の力によって天に運ばれたのですね。

絵画作品でも二人の昇天の様子は違う表現方法が使われるのでしょうか?
ペルジーノの作品で見比べてみると

イエスの昇天
昇天

聖母の被昇天
被昇天
両者ともアーモンド型の光に包まれて昇天していく様子ですが、確かにマリア様は腰掛けていることもあって「運ばれている」様子が強調されているようです。

最後の審判の日が訪れると、すべての信仰者は体が蘇り、体と別になっていた魂と再び一体化して天の世界に導かれます。マリア様はそれを先取りして体と魂が一緒に天国にあげられたという教義を表現するのが「聖母の被昇天」です。

ちなみに二つの名詞の他の意味を並べてみると…

ascensione (キリストの昇天)上昇、登ること、昇行

assunzione (聖母の被昇天)請負、昇進、就任、雇用、採用、審議
 
そして昇天する聖母マリアのことを「Assunta アッスンタ」と呼び、イタリア中に「サンタ・マリア・アッスンタ教会」が数多く存在します。例えばピサのドゥオーモもサンタ・マリア・アッスンタ教会なんですよ。
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。