シニョーリア広場のUrs Fischer

シニョーリア広場地区
09 /29 2017
シニョーリア広場に置かれた大きなオブジェ、スイス人芸術家Urs Fischerの作品です(2017年9月22日〜2018年1月21日)
fisher
2011年のヴェネツィアのビエンナーレにて大きな評価を受けたアーティストで、その時の作品はシニョーリア広場にあるジャンボローニャの「サビニ女の略奪(原寸大)」を蝋で作り、展示期間中に作品がだんだんと溶けていくものだったそうです。

参照→ Urs Fischerの作品 - ベネチアアートビエンナーレ 2011にて

今回、シニョーリア広場に設置された彼の作品は「Big Clay」という題名で、12mの高さを持つ巨大な作品です。
原始的な幼稚な、トーテムのような建築のような作品…
よく見ると表面にはアーティストの指紋が見られ、実際に粘土で作った作品を巨大化して金属で再現したものだそうです。「手を使った創造的な行動はシンプルで日常的なものである」ことを表現しています。

ヴェッキオ宮殿の前にはもう2点の作品が設置されましたが、そちらは実在する人物、美術評論家のFrancesco Bonamiとロックバンドのザ・ストロークスのドラムFabrizio Morettiの像を蝋で表現しています。こちらは1ヶ月をかけて段々と溶かしていく予定だとか。

参照→Urs Fisher conquista Piazza della Signoria

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。