サント・スピリト教会の年表

アルノ河南地区
09 /10 2017
フィレンツェ、アルノ河の南岸にあるサント・スピリト教会の年表をまとめました。

1250年 アルチェートリの貴族がアゴスティーノ修道僧に教会用の土地を与える。

1269年 アゴスティーノ修道会がフィレンツェに定着。祈祷所があった場所に「サント・スピリト(精霊)」に捧げた教会を建築。

13世紀 フィレンツェは外部からの人口の流入に伴い町を拡大。サンタ・トリニタ橋や、アルノルフォ・デル・カンビオによってより多くの土地を囲う新しい市壁が建設された。サント・スピリト教会は新しい市壁の中の土地に含まれる。

1284年 フィレンツェのアゴスティーノ修道会は「Studio generale dell'Ordine」と呼ばれ、神学や哲学を研究する施設となる。

1292年 アゴスティーノ修道僧の説教を聴きにくる大衆のために教会前に広場が設けられる。

1350年 修道院所属の図書館は豊かな蔵書コレクションを持ち、文学者や芸術家が集う施設となる。

14世紀にペトラルカが修道院に住み、アゴスティーノ著「告白」から影響を受けて「我が秘密」を執筆し、ボッカッチョも通った。修道僧の僧房は人文主義者の集会所となり、15世紀にはレオナルド・ブルーニやニッコロ・ニッコリなども顔を揃えた。

1397年 フィレンツェ政府は新しいサント・スピリト教会の建設に資金を出すことを決定。

1444年 ブルネレスキの設計により着工、偉大な建築家の最後の大きな仕事だった。
ss6
1446年 ブルネレスキ死去。

1452年 建設主任はアントニオ・マネッティ、ジョヴァンニ・ダ・ガイオーレ、サルヴィ・ダンドレーアの3人に。

1471年 火事により、教会内の中世の作品大部分が被害を受ける。

1481年 教会が聖別される。

1489年 ジュリアーノ・ダ・サンガッロにより聖具室が建設される。
ss5
1492年〜 ミケランジェロが修道院にて遺体解剖研究、感謝の印に磔刑像を彫る。
ss4
1493年 フィリッピーノ・リッピ作「ネルリ祭壇画」
ss2
17〜18世紀 多くの改築が施される。

1599〜1608年 ジョヴァンニ・カッチーニとゲラルド・シルヴァーニによるバロック式の天蓋付き祭壇
ss3
19世紀 ファサードが漆喰によって覆われる。
ss1
スポンサーサイト

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。