トゥルッリで朝食を

写真館
07 /20 2013
前回の日記で南イタリアアルベロベッロの可愛らしい住居トゥルッロを紹介しました。
今回はアルベロベッロで撮ったさまざまな場面をご紹介します。

アルベロベッロでは多くのトゥルッロがいまだに住宅として使われていますが、一部はお店やホテルになっているところも!アルベロベッロではトゥルッロホテルに泊まりたいと考えました。
そこでこじんまりとした(トゥルッロ自体がこじんまりとしているんですが)pietradimoraを予約しました。受付のお姉さんによると日本のお客様もよく泊られるとのこと。
trullo2
朝食はトゥルッリに囲まれたこんな中庭で

他にもこんなプライベートな空間があります。
trullo7
泊られる方はこちらがサイトです。ピエトラディモーラ

トゥルッリ群の中を散策していると、屋根の間に水路を見つけました。
trullo6
石をうまく積み上げて、屋根の上に落ちた雨水をうまく集めるのです。

トゥルッロと黒猫ちゃんのどかな風景です。
trullo1

暗くなって店が閉まると町の中はとっても静かになりました。
trullo4
石でできた道やトゥルッリに街灯や月光が反射して幻想的です。

ライトアップで浮かび上がるトゥルッロの屋根
trullo3

トゥルッロを利用したジェラート屋さんもライトアップ!
trullo5

アルベロベッロに泊れば、こんな風に夜の散策も楽しめるんです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして。

この町、先日TV東京で放送された番組で一目ぼれです。
年末年始に南イタリアをレンタカーで回る予定なので、値段次第ですけど泊まってみたいと思っているのですが、HPでは宿代が載っていません。
で、いくらで泊まられたのか、教えていただけませんか?

宿泊料は

Rさま
私はbooking.comを通して予約をしたのですが、1泊2人で100ユーロでした。お部屋によって違いがあるかもしれません。朝食付きです。
とっても快適でかわいいトゥルッリホテルでしたよ。他にも日本人カップルが泊ってました。

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。