イタリアの消費税は3段階

イタリアのトリビア
06 /08 2014
日本の消費税率が上がることが決まった頃から「イタリアの消費税は何%なんですか?」という質問をよく受けるようになりました。

消費税はイタリアでは「Imposta sul valore aggiunto」という名前で、略してIVA(イヴァ)と呼びます。

イタリアで消費税が導入されたのが1973年。その後、順調に(?)率を伸ばしていきました。
1973年 12%
1977年 14%
1980年 15%
1982年 18%
1988年 19%
1997年 20%
2011年 21%
2013年 22%

よくイタリア人は我慢しているなと思ってしまう数字の延びです。
ちなみに22%はすべての品にかかっているわけではなく、消費税率は三段階に分かれています。

4%  最も必要な食料品、本や新聞、町をバリアフリーにするための費用
10%  ホテルやバールやレストランなどの旅行業界に関するもの、一部食料品、建築の修復関連、電車の運賃
22%  上記以外

日本からいらっしゃるお客様は免税手続きを取れば、そのうち1割強が戻ってきます。しかし一店につき「155ユーロ」以上消費した場合に限られます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。