フィレンツェ中央市場で食べれるモノ その2

イタリアで食道楽
09 /04 2014
2014年、フィレンツェの中央市場2階が、フードコートとしてリニューアルオープンしました。
中央市場は2階建て。1階は食料品を買うことができるお店ですが午後14時で閉まります。
2階がフードコートになっていて24時まで開いています。

どんなモノが食べれるかちょっとご紹介する第2弾です。

こちらは2階を上の席から覗いた様子です。
「i tramezzini」と書かれている場所では、白いシャツを着ている人がサンドイッチを作ってくれます。
その右横の黒いシャツを着ている人が作ってくれるのがランプレドットです。
牛の胃を煮込んでぶつ切りにし、パンに挟んで食べる牛モツサンドイッチ、フィレンツェの名物料理です。
centro mercato2

席はフリーでどこでも座れますが、レストランになっている部分だけは、その周りに「コ」の字型になっているカウンターになります。
このレストランは値段が高目。ちゃんとしたレストランに入って食べるのと同じぐらいの値段がします。
ただしかなり美味しい!
こちらはジェノヴェーゼソースのベジタリアンスパゲッティ。
centro mercato4

そして同じレストランでガスパチョ。ガスパチョの中にグリルした海老と水牛のモッツァレラが!
値段は12€でした。
centro mercato5

こちらはベジタリアンコーナーで購入。ベジタリアンハンバーグのセットとスイカと桃のドリンクです。
mercato centrale8

ジェラテリーアもあります。今日はジェラートではなく、パフェを。
イタリアで日本のような「パフェ」ってなかなか珍しいかも?
たんまりとカットした桃の上にアイスクリームとカラメルソース。
mercato centrale7

こちらはドルチェコーナーで買ったデザート。
チョコムースの上にパッションフルーツのソースがかかっていて、かなり濃厚な味でした。
centro mercato1

まだまだ制覇できそうにない中央市場の味覚、写真がたまったらまたレポートします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。