フィエーゾレの黄昏

フィレンツェ市
09 /11 2014
フィレンツェの北にあるフィエーゾレ。
山の上にあるこの町はフィレンツェよりも発祥が古く、古代エトルリア人の時代となります。
フィレンツェ南にあるミケランジェロ広場からの景観に比べると、フィレンツェの町は遠くなりますが、さらに高い位置から町を眺めることができます。
フィエーゾレへのたどり着きかたは以前の日記で書きました。その時に載せた写真があまりにも霞がかっていたので、もうちょっと違う季節の写真を載せます。
フィレンツェは盆地なので霧や霞がかかり易いのです。今回の写真は8月終わりのものです。

緑豊かなトスカーナの丘の向こうにフィレンツェがあります。
よ〜く探さないと大聖堂の丸屋根も区別できません。
IMG_5404_convert_20140909044006.jpg

西の方角に沈んでいく太陽。6月ぐらいに比べると、だいぶん日暮れも早くなりました。
tramonto a fiesole2

ゆったりと沈んでいく太陽、ゆったりとパノラマを見ながら時を過ごす人々。
tramonto a fiesole1
秋めいてきた空気の中で、夏の名残を惜しむかのような一瞬です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。