秋はストライキラッシュ

イタリア旅行の得ワザ
09 /27 2014
イタリアも秋の季節になりました。
朝晩は肌寒いぐらいの気温ですが、まだまだ日中は半袖でも快適に過ごせる気候です。

そして…秋はストライキの季節。
飛行機、電車、バスなどの交通機関、そして美術館のストライキが観光の方に直接関係するストライキでしょうか。

フィレンツェの国立美術館も、9月の第3週に2回、第4週に1回と毎週のようにストライキに見舞われています。
今年は頻度も多いようで、「レンツィ首相が労働基準法を変えて、企業がもっと簡単に従業員を解雇できるようにしようとしているから」という人もいます。

美術館でストライキが行われる時はこのような張り紙が扉の上に貼られます。
sciopero
「スト」という言葉を使わず、「スタッフミーティング」と書かれています。

ウッフィツィ美術館の開館時間は
8:15〜18:45
これを
10:00〜17:05
の時間帯しか開けませんよと書いてあるのです。

1日中閉まるわけではないので待っていれば入れるのですが…
ウッフィツィは非常に人気のある美術館なので予約を入れている人もたくさんいます。
したがってこれらの人が開館時間にどっと押し寄せるわけです。
もうゆっくり美術鑑賞どころではありません。
ストライキがある時はそんな状況が待ち受けていると覚悟して美術館に向いましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。