説教壇の後光

ピサ県
02 /04 2015
ピサの斜塔があるミラコリ広場。
広場には斜塔だけではなく、大聖堂から洗礼堂などの美しい建築物が並んでいます。
洗礼堂の内部には13世紀にニコラ・ピサーノが彫った、美しい説教壇があります。
多角形をした説教壇の四角いパネルにはイエスの物語が彫られていますが、イエスの磔刑の部分はイエスの周辺を彫りすぎて板が薄くなり、注意してみると穴が空いている部分があるぐらいです。

時間帯によっては後ろの窓から入る光が、ちょうどイエスを背後から照らし出すことがあります。
pulpito
タイミングが合わないといけないので、なかなかこの機会にはめぐりあうことができません。
ピサに毎週行っている私も、年に数回見ることができるぐらいです。
まるでイエスから後光が射しているように見えませんか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。