クーポラ、日曜日も登れるようになりました!

ドゥオーモ地区
02 /05 2015
フィレンツェ大聖堂(ドゥオーモ)の丸い屋根「クーポラ」は15世紀にブルネレスキが建築した、ルネッサンス時代の代表的な建築物です。
その頂上まで463段の階段で登ることが出来ます。日本の映画「冷静と情熱の間」でも、2人の恋人が再会する場所に設定されていましたね。
cupola

このクーポラ、去年までは日曜日は1日閉まっていて、のぼることが出来ない日でした。
ところが最近、日曜日も登れるようになったのです。
大聖堂入り口に、2015年から毎週、時間割表が提示されるようになりました。
orario
クーポラは「13時〜16時」この16時は出口が閉まる時間です。また登って降りてくる時間が30〜40分ぐらいかかることから、15時過ぎには入り口に入っていないとなりません。
限られた時間ですが、日曜日しかフィレンツェに居られないという人もクーポラに登れますね。

イースター祭週などは、開館時間もまた違ってきますので、毎週変わるこの時刻表で確認するといいでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。