花のパラディーゾ 映画のインフェルノ

写真館
05 /09 2015
昨日に続いてフィレンツェと近郊で撮った写真を紹介します。
2015年4月〜5月撮影です。

2月にミモザが咲いてから、次々に様々な花が開きます。
日本よりも早く4月には藤の花が満開。暑い季節が長いためか、藤は二度咲きします。
このあと6月ごろに二度目の藤を見ることが出来るのです。
gricsine

自然に咲く花も美しいですが、ホテルのフラワーアレンジメントも目を楽しませてくれます。
こちらはウェスティン・エクセルシオールホテルのフロントに飾ってあった花です。
htl ex

こちらは何の花でしょう?
ippocas2
マロニエです。
町中の大きな街路樹はマロニエかプラタナスであることが多いです。
ippocas1
普段の姿からは、こんなに大きくて華やかな花が咲くとは想像しがたいです。

花だけではなく野菜もフルーツの種類も豊富になるこの季節はテーブルも華やかになりますが、こちらはトリュフ。知人の犬が庭で掘り返しました。
tartufo
トリュフを探すのは犬よりも豚が優れていますが、豚は見つけたトリュフを食べてしまうので、トリュフ探しの主役は犬なんだそうです。

そして始まりました。映画「インフェルノ」の撮影が。ダヴィンチコードの続作です。
ヴェッキオ宮殿が数日閉まったり、写真のようにシニョーリア広場が封鎖されいたり…
inferno
奥のほうに固まって見えるのは、エキストラ出演の人たちです。

もうちょっと観光客が少ない季節に撮影してくれればよかったのにとも思いますが、明るい光に満ちたこの季節を撮りたいという気持ちもわかります。ボーボリ庭園での撮影もあったのでしょうか。
映画公開が楽しみですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。