ミートソーススパゲッティはボローニャの名物料理ではなかった!?

イタリアで食道楽
08 /07 2015
ボローニャのガイドさんに言われました。
「ミートソーススパゲッティ発祥の地がボローニャだとか、ボローニャの名物料理っていうのは間違いなんです」

でもパスタに和えるミートソースのことをragù bolognese(ラグーボロニェーゼ)って呼びますよね??

「そう、でもragù bologneseは普通はスパゲッティではなく、タリアテッレにあわせるのが普通なの」
タリアテッレ
タリアテッレは平べったい「きしめんパスタ」のことです。

イタリア語版と日本語版のWikipediaを読み比べてみると
まずragù bologneseというのは「タマネギ、セロリなど、刻んだ香味野菜と炒めあわせて風味をつけた挽肉と、トマトを素材として合せたソース」で発祥はボローニャ地方。
もともとラグーは、それまで簡単な調理方法しかなかったパスタソースを、美食の町ボローニャの富裕層が、フランスのラグー(ragout 煮込み)をもとに豪勢なソースをつくったという歴史があります。

イタリアでは、伝統的にタリアテッレと和えて調理されるのですが、イタリア国外では、スパゲッティと和えて食されることが一般的です。
これがイタリアに逆輸入されて、イタリアでもスパゲッティにミートソースを和えるようになってきたのだとか。

だから本場の名物料理ではスパゲッティではなくタリアテッレに和えるんですね。
次からは間違えません。ボローニャに行ったら「Tagliatelle al ragù」を注文しましょう!


手打ち生パスタ タリアテッレ

手打ち生パスタ タリアテッレ
価格:280円(税込、送料別)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。