フィレンツェルネッサンス黄金時代

写真館
08 /24 2015
前回の日記で紹介しました、ヴェッキオ宮殿で放映されている「MAGNIFICENT」は、中世の宮殿の壁にフィレンツェルネッサンスを紹介するCGを映し出すベントです。
マニフィチェントのいくつかのイメージを紹介したいと思います。

フィレンツェ大聖堂のクーポラに射入る光、まるで神の恩恵の象徴です。
MAGNI5

メディチが支配した花の町では
MAGNI4

ボッティチェッリをはじめとした多く芸術家たちが競い合い
MAGNI3

レオナルドが筆を滑らせ
MAGNI2

ミケランジェロが鑿を振るい
MAGNI1

中世の闇を払い
MAGNI9

古代再生の風が吹き
MAGNI10

ヴィーナスが微笑みを湛える
MAGNI8

理想都市を生み出しました。
MAGNI7

こうしてフィレンツェにルネッサンスが花開き、芸術の黄金時代が到来したのです。
MAGNI6

MAGNIFICENTでは、「パッツィ家の陰謀で弟を殺されたロレンツォ豪華王はその責任の一端であったローマ(法王)に武力で復讐することはなく、フィレンツェの芸術家にシスティーナ礼拝堂を装飾させることによって、芸術でローマを制圧したのである」というシナリオでした。
ロレンツォは実際にフィレンツェの芸術家たちを外交の手段として使っていました。このような類希な政治力を持ったロレンツォ、外交のカードとして使われるだけの実力を持っていたフィレンツェの芸術家たち。本当にフィレンツェルネッサンスというのは、なんという時代だったのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。