天空の扉〜2〜 パノラマ

シエナ県
12 /11 2015
シエナ大聖堂の屋根の上を歩く「天空の扉」というコースをご紹介します。
今回は屋根の上から見える様々な角度のパノラマです。

天窓からはクーポラの外側と鐘楼の様子が近くに。
porta del cielo16

屋根の上を歩くと鐘楼の横を通り抜けます。この鐘楼はストライプ模様が特徴なのですが、大聖堂側の部分は大理石の化粧板が張られていないのがわかります。これは下から見えない部分の建築費を節約するためだったそうです。
porta del cielo13

向こう側に大聖堂の改築により新しいファサードになる予定であった壁が見えます。
これは大聖堂の向きを90度変えて、すでに建設された空間を利用して、さらに大きな聖堂を造ろうとする計画でした。
ところがペストのために計画は中止されてしまい、今も壁だけが残っているのです。
あちらの壁の上は大聖堂付属美術館から登ることができます。
porta del cielo14

気持ちいい11月の朝。重なる屋根の向こうにシエナ市庁舎の鐘楼「マンジャの塔」がそびえ立っています。
屋根の瓦が波のような重なる素晴らしい景色でした。
porta del cielo15

次回は「天空の扉」コースから見える大聖堂内部の様子を紹介します。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。