サンタ・フェリチタの円柱

フィレンツェ市
01 /01 2016
ヴェッキオ橋のすぐ近くにあるサンタ・フェリチタ教会の前にあるこの円柱。
colonna di felicita
これはドメニコ修道会の殉教聖人聖ピエトロ(fra' Pietro da Verona)の対異端派の業績に捧げられたもので、花崗岩でできています。
法王から異端派を断罪するために派遣された異端審問官ピエトロは熱心な弁論でフィレンツェ人の心を動かし、カタリ派の熱心な勧誘を打倒するため「サンタマリア共同体 Società di Santa Maria」という名前の部隊を組織するに至りました。この場所で1244年に異端派との決定的な衝突があり、サンタマリア共同体が勝利したと言われ、ロッシ家が出資してここに記念碑を建てることにしました。

1484年にはピエトロの像が、円柱の頂上に設置されました。ロッビアスタイルの釉薬陶器だったそうです。これは残念ながら18世紀に落下して粉々になってしまいました。

また円柱は1944年のドイツ軍撤退の折にヴェッキオ橋への入り口に地雷が設置されたために、破壊されてしまいました。
現在の柱はオリジナルがあった場所に復元されたものです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。