クーポラに登るチケットは15ユーロ

イタリア旅行の得ワザ
12 /30 2015
フィレンツェの大聖堂付属美術館の修復が終了し、再び開館されたのが2015年10月の終わり。
その日から広場の有料施設に入るチケット代金が高くなりました。

現在のチケットは2種類だけ。
▶︎15ユーロ
クーポラ、ジョットの鐘楼、クリプタ(大聖堂地下)、大聖堂付属美術館、サンジョヴァンニ洗礼堂
▶︎12ユーロ
大聖堂付属美術館、サンジョヴァンニ洗礼堂、ストロッツィ宮殿特別展Bellezza divina(2016年1月24日まで)

つまりクーポラに登るためには15ユーロのチケットを購入しなければならないのです。
最初の入場箇所でチケットのバーコードを通してから、24時間使えるようになっています。
修復が終わったばかりの美術館に入って欲しいという意図が見え見えのセット料金です。

大聖堂付属美術館は大変を美しく生まれ変わったので、時間があったら是非訪問したい場所です。

美術館入り口、様々な芸術家の名前が刻まれた壁。
opera

しかし15ユーロで入れる場所は日によって開館時間なども変わりますので、高いお値段を払って無駄にならないようにチェックが必要ですね。

時間割のチェックはこちらから Opera di Santa Maria del Fiore(日本語)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。