サンマルコ美術館 大食堂

サンマルコ地区
01 /15 2016
フィレンツェのサンマルコ美術館の大食堂は、修道院の修道僧たちが使用していた空間です。
現在は16〜18世紀の絵画作品が置かれています。

◉フレスコ画「磔刑とドメニコ修道僧の僥倖」ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ 1536年
食堂には普通は「最後の晩餐」が描かれますが、ここでは食事のテーマのバリエーションを扱っています。これはドメニコ修道院によく見られたものです。
創始者がなくなった後、食べ物に困っていた修道僧たちの前に、奇跡的に天使たちが食べ物を運んでくれています。
サンマルコ美術館

◉「帯のマドンナ」「トビアスとマドンナ」「聖フランチェスコとハンガリーの聖エリザベータ」
ジョヴァンニ・アントニオ・ソリアーニ

◉「帯の聖母」リドルフォ・デル・ギルランダイオ

他の作品はサンマルコの工房作品で、フラ・バルトロメオの影響を受けているものです。
◉「聖アニェーゼと生誕」「イエスの十字架降下」フラ・パオリーノ
おそらく師匠のフラ・バルトロメオが制作を始め、彼の死後にパオリーノが完成させた作品です。

◉「イエスの十字架降下」プラウティッラ・ネッリ
彼女は尼僧でクラウズーラの中にいましたが、胎児な作品の依頼を受けています。

◉「聖マルコ」アントン・ドメニコ・ガッビアーニ
ピッテイ宮殿にあるフラ・バルトロメオの作品のコピーです。
バロック後期のこの芸術家の作品ですぐに頭に浮かぶのはアカデミア美術館の「メディチ宮廷の音楽家たち」や、ヴァザーリの回廊にある「ガニュメデスの掠奪」でしょうか。

◉「教書をドメニコ修道僧に与える聖カルロ・ボッローメオ」ヤコポ・リゴッツィ(1600年)
◉「磔刑」ロレンツォ・リッピ
◉「菜園の祈り」フィリッポ・タルキアーニ
◉「トビアスと天使」ヤコポ・ヴィニャーリ

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。