カナの婚宴の壺はピサにある

ピサ県
02 /08 2016
伝説によれば、ピサ大聖堂後陣右の円柱の上に置かれているアンフォラは、「カナの婚宴」で使われた壺なのだそうです。
cana
ヨハネ福音書では、ガラリヤのカナの村で行われた婚礼でイエスが示した奇跡が語られています。
宴席で葡萄酒がなくなったので、イエスはその母の求めに応じて、6つの壺に水をいっぱいに満たすように命じました。
祝宴の主人がその中の液体を舐めると、それが極上の葡萄酒になっていたのです。

キリストが公衆の面前で示した最初の奇跡です。
この主題は御公現の3つの祝祭の一つとしてキリスト教美術の中に位置付けられています。
他の2つは「東方三博士の礼拝」「洗礼」となります。

壺の下の台座に「DALLA PRIMA CROCIATA 第一次十字軍から」と書かれています。
十字軍によってピサに持たされた聖遺物の1つだったのでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。