ピサを建設したのはトロイ戦争の戦勝者?

ピサ県
02 /10 2016
斜塔で有名なピサ。
実はその昔、ペロポネソス半島(ギリシャの大陸部分南端に広がる半島)のエーリス地方に同じ名前の都市がありました。

ピサティス(Pisatis)
Coeleから南のアルペイオス川(Alfeios River)の右岸に広がり、オリンピア(第1回古代オリンピックが開催された場所)を含む領域だったそうです。

ギリシャのピサは6世紀に破壊されてしまい、遺跡が残っています。

伝説によれば、この地方を治めていたペロプス王に連れられた人々が、トロイ戦争から帰還する途中にトスカーナ地方に立ち寄り、今のピサの町を築いたのだとか。

ちなみに北イタリアのパドヴァは、ギリシア神話に登場する人物でトロイア貴族であるアンテーノールによって建設されたとされます。

神話に出てくる人物によって建設されたという伝説は、町の歴史に箔をつける意味があったのでしょうか?

参照 Pisa, in « Enciclopedia Italiana », treccani.it.
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。