ヴェッキオ橋のアーチの秘密

アルノ河南地区
02 /13 2016
フィレンツェのヴェッキオ橋は3つのアーチで支えられています。
この形、半円アーチではなくて低いアーチなんです。高さと幅の比率は1:6
ヴェッキオ橋
このアーチは西洋世界で初めて、古代ローマの半円アーチモデルを超えた例であったそうです。
半円アーチの場合、橋が長くなると多くのアーチを建設しなければなりません。
そうすると増水の時にアーチを支える柱に木材などが引っかかって洪水が起きやすく、また水圧で橋が流されやすくなるのです。

最初に建設されたヴェッキオ橋は紀元前のローマ帝国時代のものでしたが、洪水で流されてしまいました。
何回か洪水で流されては作り直してを繰り返し、現在のヴェッキオ橋は1345年建設のものが残っています。
洪水で何回も流されたヴェッキオ橋では、アーチを形を変えることによって問題を軽減したのですね。
ヴェネツィアのリアルト橋(16世紀)も同じアーチを採用してあります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。