ヴェッキオ橋のチェッリーニ

フィレンツェ市
02 /14 2016
ヴェッキオ橋の両側には貴金属店が並んでいるため、「橋の上である」ことがわかりにくくなっています。
ヴェッキオ橋3

橋の中央部までくると両側に開けるパノラマに驚き、またアルノ川の上にいることがはっきりわかります。
ヴェッキオ橋4

その中央部分に設置されているのが、16世紀の芸術家ベンヴェヌート・チェッリーニの像です。
ヴェッキオ橋2
彫刻家でもあり彫金師でもあったチェッリーニの胸像は、1901年に設置されました。ラッファエッロ・ロマネッリの作品です。
ロマネッリは地元フィレンツェ出身の芸術家で、生涯に300ほどの作品を残しました。19世紀の芸術家デュプレの弟子リヴァルタのさらに弟子という位置です。

胸像の下には小噴水が付いていて、こちらはチェッリーニの生誕400周年に設置されました。
4つの角に設置されたマスケローニ(仮面)の下の乳房から水が出て、貝殻の受け皿に落ちる意匠です。
そのベースにはチェッリーニの時代の典型的な装飾モチーフが使われています。花環、マスケローニ、ライオンの足、ヤギの頭、ダイヤモンドの指輪などです。ヤギの頭はメディチ家コジモ1世のエンブレムですし、ダイヤモンドの指輪もメディチ家のメンバーのインプレーザ(モットー入りの象徴的図案)に使われていました。

参照 Claudio Paolini. Ponte Vecchio di pietra e di calcina. Firenze, Edizioni Polistampa per il Ministero per i Beni e le Attività Culturali, 2012
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。