狂った3月

イタリアのトリビア
03 /04 2016
日本でも三寒四温という言葉がありますが、イタリアでも3月の天候は変わりやすいもの。
3月
春のように暖かい日もあれば、翌日に冬に後戻り。そんな季節を表すイタリア語のことわざはたくさんあります。

◉A volte si crede di trovare il sole d'agosto e si trova la luna di marzo.
8月の太陽を見つけたと信じていたら、3月の月だった。

◉Chi ha messo marzo in primavera ha fatto male.
3月を春の中に入れた人は間違っていた。

◉Marzo arido, aprile umido.
乾いた3月、湿った4月。

◉Marzo cambia sette cappelli al giorno.
3月は1日に7つの帽子を変える。

◉Marzo è un mese pazzo.
3月は狂った月。

◉Marzo ha comprato la pelliccia a sua madre, ma tre giorni dopo l'ha venduta.
3月は母に毛皮を買ったが、3日後に売った。

◉Marzo nuvoloso, estate piovosa.
3月曇れば、雨の多い夏。

◉Marzo pazzerello guarda il sole e prendi l'ombrello.
冗談好きの3月は、太陽を見て傘を手にする。

◉Marzo, vuol far sempre le sue.
3月は自分勝手。

◉Nel marzo, un sole e un guazzo.
3月には太陽と水たまり。

◉Quando marzo fa aprile, aprile fa marzo.
3月が4月のようであれば、4月は3月のようになる。

3月はイタリア語でmarzo
「天候が不順である」という意味の動詞「marzeggiare」はmarzoから来ています。
(3月のように)天候が不順であるといういうことなんですね。
こんなに天気が不順な季節。朝に太陽が出ていても、バッグの中には傘を忍ばせて出かけましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。