市民に優しいオペラ・デル・ドゥオーモ

イタリア旅行の得ワザ
03 /07 2016
フィレンツェの大聖堂(ドゥオーモ)広場の建築物で有料の場所は、15ユーロのセットチケットで入場することができます。このチケットで入れる場所は5箇所
◉ドゥオーモのクーポラ(丸屋根)
◉ジョットの鐘楼
◉ドゥオーモ地下の遺跡
◉サン・ジョヴァンニ洗礼堂
◉大聖堂付属美術館

このチケットに関して幾つかの変更事項ができました(2016年3月6日より)
◉大聖堂付属美術館の入館時間延長。月、金、土曜日は21時まで開館(他の日は19時まで)
◉15ユーロチケット有効期間は最初の入場から48時間(今まで24時間)

フィレンツェ市民に有利な変更点
◉フィレンツェ市民は誕生日は無料
◉Amici del grande museo del Duomoカードという年間パスが、50ユーロで購入可能

大聖堂付属美術館は4ヶ月前にリニューアルオープンしたばかり。フィレンツェ大聖堂関連の750作品を鑑賞することができます。ミケランジェロ、ドナテッロ、ロッビア、ギベルティ…ルネッサンスの至宝がずらり。
opera

ところで「フィレンツェ市民」とは、どういう括りなのか?
サンタクローチェ教会やストロッツィ宮殿の特別展もフィレンツェ市民だと無料だったり、割引があったりするので、そちらと同じだとすると、フィレンツェ市に住民票を置いていることが条件です。carta d'identiàを見せればいいんですね。なので国籍は関係ありません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。