シニョーリア広場の巨大な亀

シニョーリア広場地区
04 /18 2016
フィレンツェのシニョーリア広場は多くの彫刻が立ち並ぶ、まるで野外の美術館です。
古代からルネッサンス、さらには19世紀の作品まで時代も多岐にわたる作品が展示されています。

その中に2016年4月から展示されているのがベルギー人の芸術家ヤン・ファーブルの作品です。
「雲を図る男」
fabre2 

「ユートピアを探して」
fabre1 
材質はブロンズにシリコン。
ヤン・ファーブルは演出家、振付師でもあり、演劇作家として世界的に活躍している人物だそうです。

「亀」はメディチ家のコジモ1世のモットーである「ゆっくり急げ」のシンボルとなる動物。
ヴェッキオ宮殿の前に飾るのは、なかなか乙な感じかも?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。