美しい芸術の部屋

アルノ河南地区
05 /27 2016
ピッティ宮殿のパラティーナ美術館、ヴォルテッラーノの区画の「美しい芸術の部屋 sala delle Belle Arti」をご紹介します。

メディチ家の時代には「大公妃の区画の貴族の前室」として使われていました。
18世紀初めに、この区画は大きく改築され、新古典主義の画家によって壁画装飾されていきました。
天井は1817年にドメニコ・ポデスタによって描かれた「地上に美術の神とイリアスとミネルヴァを送るジュピター」です。

「聖ルドヴィーコの幻視」カルロ・ドルチ作 1681年
belle arti3
トローザの聖ルドヴィーコはアンジュー家ナポリ王ロベルト1世の息子でした。場面は福者ソロメーアに付き添われて、聖母子の幻覚を見た奇跡を表現しています。背景にはプラートのサンフランチェスコ教会があり、ドルチが亡くなった時にはファサードはまだ未完成でした。
1688年に作品はメディチ家のフェルディナント皇子によって購入されました。

「聖ステファノの殉教」チゴリ作 1597年
belle arti2
モンテドーミニ修道院のためにザッカリーア・トンデッリによって注文されました(スポンサーは左下に登場しています)
色彩と動きが豊かな表現で、キリスト教の最初の殉教者が投石で殺される瞬間を表しています。
チゴリの代表作品の一つで、17世紀のフィレンツェの絵画作品のモデルとなりました。

「soccorso(救出)の聖母」エンポリ作 1593年
bene arti1
このテーマは15世紀から普及した大衆的な伝説です。「聖母が悪魔から子供を守る」横で、子供の母親が聖母に子供の守護を願っています。エンポリの代表作品の一つで、フィレンツェのサンタ・マリア・ソプラーノ教会のペトルッチ礼拝堂のために描かれた作品です。

▶︎同部屋の上記以外の作品
フェデリコ・バロッチ作 「聖母の頭部」
ルーベンス作「キリストの復活」
チゴリ作「子供に読み方を教える聖母」「聖フランチェスコの祈り」
クリストファノ・アッローリ作「東方三博士の礼拝」
シュステルマンス作「聖マルゲリータの扮装をしたヴィットーリア・デッラ・ローヴェレの肖像」
リゴッツィ作「聖フランチェスコの前に現れた聖母子」
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。