ベルヴェデーレ要塞からのフィレンツェのパノラマ

フィレンツェ市
05 /29 2016
フィレンツェ南の丘の上に立つベルヴェデーレ要塞(forte di belvedere)というのは実は通称で、本当の名前は「ベルヴェデーレのサン・ジョルジョにあるサンタ・マリア要塞 fortezza di Santa Maria in San Giorgio del Belvedere」という長いものです。
1590〜1595年の間にメディチ家のフェルディナント1世の命によりブオンタレンティが建築を任されました。
やはりパノラマが見えるミケランジェロ広場に比べると、大聖堂を真横の角度から見ることができます。
fb3

その真下にはピッティ宮殿裏のボーボリ庭園があります。
fb1
ボーボリ庭園は有料ですが、このベルヴェデーレ要塞は無料で入ることができます。

ボーボリ庭園の中にあるカフェハウス(緑の丸屋根)もチラリ。
fb2

ミケランジェロ広場やボーボリ庭園に比べてアクセスが良くないのがベルヴェデーレの欠点です。
車があれば、要塞横に大きなパーキングあるので直接行けます。
歩きではベルヴェデーレ通りの坂で登ることになりますが、かなり急で長い坂です。
駅から向かうならミケランジェロ広場に行く12番バスで。マキャベリ通りを上がりきった広場でバスを降り、サン・レオナルド通りを歩けば坂はありません。

次回はベルヴェデーレ要塞で2016年5月14日〜10月2日に開催されている「ヤン・ファーブル展」をご紹介します。

「雲を測る男」ヤン・ファーブル作
fabre fb1
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。