ロレンツォ豪華王の部屋

シニョーリア広場地区
06 /03 2016
ヴェッキオ宮殿の「レオ10世の区画」のそれぞれの部屋は、メディチ家の著名人に捧げられ、その人物の意味ある業績を表す壁画が描かれています。

前回の「祖国の父コジモ」の部屋に続き、「ロレンツォ豪華王」の部屋をご紹介します。
ミケランジェロの才能を見出し、プロデュースしたと言われるロレンツォ、メディチ家の中でも最も著名な人物です。

「大使から贈り物を受け取るロレンツォ」天井の中央にある絵。
pv leo1

「クレモナの会議に出席するロレンツォ」
pv leo3

「アラゴン家のフェルディナンド王に出会うためにナポリに赴くロレンツォ」
メディチ家を排除しようというパッツィ家の陰謀の後、ロレンツォは単身ナポリに乗り込み、フィレンツェに敵対する教皇軍〜ナポリ同盟軍と和睦を求めました。ロレンツォの優れた外交手腕の見せ所です。
pv leo5

「哲学者と文学者に囲まれたロレンツォ」
pv leo4

「サルザーナの獲得」サルザーナはリグーリア地方の重要な都市で、ピサ、ジェノヴァ、フィレンツェの争いの元となった街です。ジェノヴァのドージェ(総督)によってフィレンツェに売られました。
pv leo2

彼はデスマスクも残っていることから、どのような容貌だったかが明らかな人物です。顎や額が突き出た顔がトレードマーク。どの芸術家が描いた作品でも、ロレンツォがはっきりわかります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。