ぶどう摘みの季節

イタリアで食道楽
09 /26 2016
レッジョエミーリアのワイナリー「CANTINA FORMIGINE PERDEMONTANA」を見学してきました。
ボローニャ近郊なので、地方名産「ランブルスコ」という発泡性赤ワインを主に生産。それ以外にも白ワインも生産しています。

9月半ばは、すでにワイン用の葡萄の収穫期。「今年の葡萄は作柄いいよ」と伺いました。市場に出てくるのが楽しみですね。
vendemia2
トラクターに積まれて、工場入りする葡萄。

見学している私たちの眼の前で、ザザーッと圧搾機の中に降ろされていく様子は圧巻。
vendemia1

ワイナリーで説明してくれたマッテオさんの話によると「収穫は手摘みと機械摘みのものがあり、機械で摘んだ方が果実に傷がつきやすく酸化が早く起きます。そのため機械で収穫した葡萄は、2時間以内に圧搾機に入れて潰すことが規則で決められています」

2時間以内!美味しいワインを作るためには様々な細かい決まりにあるのですね。

ランブルスコは口の中がさっぱりするので、サラミや重たい肉料理に合わせます。サルーテ!(健康を祝して!)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。