夏と秋のあいだ

写真館
09 /27 2016
今日は2016年9月に撮影した写真をご紹介します。

大きな台所用品店のウインドウ。
dress In pasta
「あら〜、髪の毛パスタだわ」と思ったら、服も全てパスタでできていました。そして首飾りはミニトマト、ブレスレットはペペロンチーノという凝りよう。

こちらは日曜日に裏道を通ったら、「ダヴィデ」とフィレンツェの町シンボルのジーリョ(百合)がバールのシャッターに描かれていました。シャッターはスプレーで落書きされてしまうことが多いのですが、こんなに綺麗なペイントがしてあったら悪戯しにくいですね。
davide su porta

町の中心のレプブリカ広場は、大道芸人の活躍舞台。演奏したり歌っている人がいますが、最近は毎日のように大きなシャボンを作ってくれる人がいます。子供達が大喜びで遊んでいます。
bolle a repubblica

9月に入るとしばしば雨が降るようになります。そして雨が降るごとに気温が少しずつ下がっていきます。
ピサの斜塔広場にいたら、山の方から入道雲が湧き上がり、あっという間に広場の方に押し寄せてきました。
nuvole a pisa

こちらは雨降りの後の夕焼け。雲の向こうから黄金の光が…
tramonto dopo pioggia

ピサの町にはイタリアと日本の国交樹立150周年を記念して、安田侃さんの彫刻が設置されています。
斜塔広場の作品はこの日記で紹介しましたが、斜塔広場奥の司教館前の広場にもこちらの作品が。
kan in pisa
昼間はまだまだ暑く、気温も30度まで上がります。でも大理石に触ると、手が凍えそうなぐらい冷たい。遮熱性が体感できます。

今年の9月は天候の良い日が多く、見事な秋晴れを楽しむことができました。観光シーズンたけなわは10月まで。もう直ぐ静かな季節がやってきます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。