パダーナ平原とロンバルディア平原

イタリアのトリビア
10 /05 2016
北イタリアに広がる大きな平原。ポー川が中心を東から西に流れていく場所をパダーナ平原と呼びます。
しかしミラノがある地域をロンバルディア平原と呼ぶこともあります。一体この二つの平原の境目はどこなんでしょう?

Wikipediaで「pianura lombarda」と検索すると「pianura padana」のページが開かれます。
実はこの二つは同じ場所を表す言葉だったんですね。
pianura padana
こんなに広い地域。ピエモンテ州、ロンバルディア州、エミリアロマーニャ州、ヴェネト州と4つの州に渡っています。4,7000㎢。

それぞれの名前の由来は…
パダーナ Padus(ラテン語のポー川)から

ロンバルディア esarcato(ピザンチン帝国支配下のイタリアの太守の行政区)時代に、この地方に住んでいたドイツ系民族longobardiから

「パダーナ」という言葉は、この地方のイタリアからの独立を叫んだ北部同盟党によって近年に使われることが多くなりました。それまではチーズの名前グラーナ・パダーノの方で有名だったかもしれませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。