有機農場の古代豚

イタリアのトリビア
10 /06 2016
ミラノ近郊の有機農業アグリツーリズモCascina Caremmaを見学した時に、オーナーから聞いた話です。

このアグリツーリズモには宿泊施設・レストラン・Spaがあり、特にミラネーゼがお客様がいらっしゃる場所です。
このレストランの料理は野菜から肉まで全て有機農産物。
周りの畑で耕されている0km食品ばかり。無農薬と地産地消がモットーです。

広〜い畑で悠々と暮らす豚たち。
suino
黒いのはモーラ・ガラスケーゼという古代種の豚で、絶滅しかかっていた種を救うためにここで飼育されているんだそうです。シエナの豚チンタ・セネーゼの境遇と似ていますね。

この農場では豚1頭につき400㎡の面積が確保されています。
一方、動物をぎゅうぎゅう詰めにしている集中飼育ではどのぐらいの面積か知っていますか?

なんと1頭につき2㎡だけ。身動きできない状態です。

最終的には人間が食べてしまうのだから関係ないと思いますか?

集中飼育では動物が病気になる可能性が高く、そのために多量の抗生物質を与えているのです。
集中飼育の豚の飼料は、その80%に抗生物質が含まれていると、このオーナーが教えてくれました。

この豚さんたちは雑草をモリモリ食べてくれて、糞で土地を豊かにしてくれます。来年にはとうもろこしの畑になるのか、それとも米か、何かしらの穀物がこの畑で元気に育つことでしょう。

ヨーロッパの中でも、最も有機農業が進んでいるイタリア。

これからもこの分野が発展し、さらに多くの有機農産物が普及するといいなと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。