パラティーナのKarl Leggerfeld

アルノ河南地区
10 /08 2016
2016年の夏のピッティウォーモ(男性服のファッションショー)の機会に、パラティーナ美術館にスタイリストKarl Leggerfeld展が行われています。展示会は10月23日まで。

ルネッサンスの作品の横に現代アートを並べる展示会はフィレンツェでしばしばあります。時代が全く違う作品を並べると、違和感がなく妙に共鳴していたりして面白いですね。

白の間の様子。
mostra
ラファエロの絵の前に写真があるのは、鑑賞の邪魔かな〜?と思いますが、白の間は幻想的な雰囲気です。

カール・ラガーフェルドは、ドイツ出身のファッションデザイナーで写真家です。フェンディとシャネルのデザイナーを務め、ストリート・ファッションをエレガントに表現するスタイル。服を皮膚と考え、身体をしばらない着やすい服作りをします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。