インフェルノの嘘 破れない天井画

シニョーリア広場地区
10 /10 2016
『ダ・ヴィンチ・コード』及び『天使と悪魔』の続編『インフェルノ』の映画公開日が迫ってきましたね。


映画の舞台であるフィレンツェのヴェッキオ宮殿では映画にあやかろうと「インフェルノツアー」という見学コースを設けました。映画の舞台を辿りながら、普段は見ることができない場所も見学可能です。
宮殿のガイドさんから聞いた話をちらっとご紹介。

ラングドン博士とシエナ医師を追ってきた刺客がヴェッキオ宮殿の500人広間の天井から落下する場面は、クライマックスシーンの一つです。
inferno
原作を読んだ時には「ヴァザーリの描いた天井画が!コジモ1世の肖像画がもったいない〜」と思ったものですが…

ガイドさんに言わせると「あれは起こり得ないね」

なぜなら天井画はキャンバスではなくて板絵だから、あんな風につきやぶられることはないぐらい頑丈なんだとか。
インフェルノツアーではその天井裏も見学ルートに入っています。映画との違いがあるかチェックしてみましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

伊藤裕紀子

イタリアのフィレンツェ在住24年目。フィレンツェ県とピサ県の公認ライセンスガイド。何年たっても知り尽くせないイタリアの魅力を追求中。個人旅行のガイド、通訳の依頼も請けております。